若手職員の声2012

所属課名: 学務課 名前:S・Y 性別: 女

  • Q1.国立大学法人等職員を選んだ決め手はなんですか?

  • 国立大学法人等職員を志望したのは、元々『学校』という空間が好きで、常に学生や学校のエネルギーを感じられる場所で働きたいと思ったからです。また、学生時代、学生課の方にお世話になった経験から、学生をサポートする仕事に就きたいと思ったことも理由の一つです。
    現在の職場を選んだのは、合同説明会に伺った際、組織全体のアットホームな雰囲気を感じたからです。自分が今まで触れてこなかった分野の教育を行っていることにも魅力を感じました。

  • Q2.どんな時にやりがいを感じますか?

  • 私は現在、奨学金や授業料免除等の学生支援に関する全般的な業務を担当しています。窓口での学生対応はなく、学生が見えにくい部署ではありますが、奨学金や授業料免除の業務を行っていることもあり、学生の修学支援の一助になっていると実感する機会が多く、日々やりがいを感じています。
    どの部署のどんな業務も、学生や学生の保護者、大学等法人全体に関わる重要な業務ですので、やりがいを見つけることができると思います。

  • Q4.担当した業務の中で大変だったこと、また、それをどう乗り切りましたか?

  • 採用当初、東日本大震災が発生した直後だったため、学生や保護者の居住環境等の調査や被災した学生に対する奨学金制度の創設に関する業務などで仕事量が多く、しかも仕事に慣れていないこともあり、辛く感じることがありました。上司や先輩からの優しいアドバイスや実際に奨学金を支給された学生からの声などが励みとなり、乗り切ることができました。
    新しい業務を担当する時はいつも大変ですが、今後にいかせることが多いので日々勉強だと思い、業務に取り組んでいます。

  • Q5.今の職場環境で良かったなと思うことはありますか?

  • 職場の皆さんが話しかけやすい雰囲気を作ってくださるので、悩んだ時に相談しやすい職場環境であることが良かったと思います。フォローしあえるような関係性が自然と築けているので、業務を円滑に進めることができています。
    仕事とプライベートのバランスの面についても、年休や育児休業、時間休などの制度を活用している職員が多くいる職場なので、恵まれた環境であると感じています。

  • Q6.どんなことをして、気分転換をはかっていますか?

  • 休日には、気分転換をはかるために、趣味である鈍行列車の旅を楽しんでいます。青春18切符を使い、1日10時間以上電車に揺られることもありました。その土地、その土地に暮らしている方の様子や自然の風景は千差万別で、飽きることがありません。
    また、最近では芸術鑑賞に興味を持ち、劇場や美術展・写真展などに通い、いつも新鮮な空気を吸うようにしています。芸術作品からエネルギーをもらい、仕事の活力にしています。

  • Q8.これから、国立大学法人等職員を目指す後輩へのメッセージをお願いします。

  • 国立大学等職員というと、具体的にどんな業務を行っているのかイメージしにくいかと思います。私自身、4月になるまでどの部署に配属され、どんな仕事をすることになるのかわからず不安に思っていましたし、採用当初は採用前に考えていたこととかけ離れた仕事内容も多く、驚きの連続でした。
    関東甲信越地区にはそれぞれに特色を持つ法人がたくさんありますので、説明会に積極的に参加し、まずは自身の力を発揮できそうな職場を探してみてください。

ページトップへ戻る