若手職員の声2011

所属課名: 学務課 名前:R・U 性別: 男

  • 1.現在の仕事内容について教えてください。

  • 私は学務課という部署におり、入学料・授業料免除や奨学金、また、各学校からの問い合わせに対応するなどの業務を担当しています。
    入学料・授業料免除や奨学金といった業務は、学生の生活に直接影響を与えるので、書類の不備や記入漏れはないかをチェックしたり、申請者が免除や奨学金の規則に該当するのかなど注意を払いながら業務にあたっています。
    また、各学校からの問い合わせについては、迅速かつ正確な情報をお伝えするように心がけています。

  • 4.仕事時間外のエピソードについて教えてください。

  • 週末などは仕事が終わると同じ部署の上司の方や違う部署の若手職員と飲みに行き、普段聞けない話や違う部署の仕事内容が聞けたりするので、積極的に参加しています。
    また、今年は若手職員と一緒に富士登山に挑戦したりしてプライベートでも交流を深めております。

  • 5.【1次試験に関して】対策や直前期の思い出、試験当日の体験談、心構え等を教えてください。

  • 第一次試験の対策は、独学で勉強するのは限界があると思い、予備校に通っていました。私は数的処理が苦手だったため、一日一問必ず数的処理の問題を解くようにしていました。また、私自身、試験は満点を取る必要はないと思っていたので、出題数も少なく苦手分野の科目については勉強しませんでした。

  • 6.【2次試験に関して】対策や直前期の思い出、面接当日の体験談、心構え等を教えてください。

  • 第二次試験で大切なのは、面接官の質問に自分の意見・考えを分かりやすく伝えることだと思います。私は志望動機や今まで自分が経験し、学んだことなどをノートに書き出して整理したりしてました。
    また、面接対策として友達や家族に手伝ってもらい模擬面接をして、伝わりづらかった箇所などを指摘してもらったりしてました。

  • 8.後輩へのメッセージをお願いします。

  • 国立大学法人等の事務職員の仕事は多岐にわたっており、それぞれの部署が連携し合い組織が成り立っています。必ずしも採用前に希望していた部署に配属されるとは限りませんが、様々な業務を経験することで、自分自身を成長することができるところだとと思います。
    試験勉強は大変だと思いますが、日々の小さな積み重ねが最後は大きなものとなって返ってきますので、最後まで諦めずに頑張ってください。

ページトップへ戻る