若手職員の声2015

所属課名: 学務課 名前:K・U 性別: 女

  • Q1.就職先として国立大学法人等職員を選んだ理由を教えてください。

  •  教員免許を取得する等、もともと教育に関心があり、大学や高専といった学校という環境が好きだったことがきっかけです。私は昔から誰かの役に立つことに喜びを見出し、縁の下の力持ちという役割を常に率先して担ってきました。それゆえ、学生や教職員がそれぞれの目標・目的を達成するにあたって、彼らを後ろから支えるという国立大学等職員はちょうど自分の特性と関心がマッチングしていました。学生の世話を焼きたいという思いに今も変わりはありません。

  • Q2.実際に働いてみて驚いたこと(採用前とのギャップ)はありますか?

  •  特にありません。採用前から、私の所属機関は学生と直接関わることがほとんどないとうかがっていたので、そこまでギャップは感じませんでした。ただし、職場の隣に学校があるので、登下校中の学生を見かけたり、調査等を通して学生の姿を垣間見たりすることで、学生の存在を感じるときに、意外とつながっているのだなと思うことは多々あります。

  • Q3.国立大学法人等職員として働くことの魅力(やりがい)はなんですか?

  •  教員でなくとも、次世代を担う若者たちの教育に事務職員として携われることだと思います。また、すぐそばに学生がいるので、この人たちのために働いているのだと実感することができ、そうしたときにやりがいを感じたりします。どうすれば、学生や教員が学校生活を有意義なものにできるかを日々考えながら働くことに充実感を感じています。

  • Q4.仕事を進める上で、心掛けていることはありますか?

  •  一番に挙げるならば、周囲との協調を図ることです。通常の業務は一人であたることが多いのですが、自分ひとりの判断では難しいときには周囲に相談します。そうしたとき、普段から周囲との円滑な人間関係が構築されていると、非常に頼りやすく、また逆に私自身も頼ってもらえます。普段から、業務のことだったり、家族や趣味といった業務とは関係のない世間話等をして、コミュニケーションを図り、かつ業務中も周囲の状況をよく見ながら、互いに作業しやすい雰囲気になるよう努めています。

  • Q6.職場の雰囲気を教えてください。

  •  とても和気あいあいとしています。業務に集中しているときは、空気もほどよく張っているのですが、くだけた雰囲気のときは笑い声が絶えません。また、質問や相談もしやすく、業務で困ったことがあったときは気持ちよくお互い助け合っています。

  • Q7.どんなことをして、気分転換をはかっていますか?

  •  勤務時間中は先輩等周囲の人とのおしゃべりを楽しんで気分転換しています。先輩から聞く経験談などは、参考にもなるのでとてもいい機会だと思っています。普段は机に向かうことがほとんどですので、休日等はフットサルをしたり、ウォーキングをしたりと体を動かして、仕事との切り替えをしています。国立大学法人等にはスポーツサークルをもっているところが多いので、校内外でのよい交流の場にもなっています。

  • Q8.今後、伸ばしたいと思う能力や資質は何ですか?

  •  能力とは少し違うかもしれませんが、パソコンの操作技術をより高度化させたいと考えています。大学生の頃にもマイクロソフトのエクセル等を使用していましたが、その頃よりもずっと高度な技術を求められることが増えてきました。また、自身が管理する立場になったときを見据えて、状況把握や職場管理の能力を先輩や上司を手本に身につけ、伸ばしていきたいと考えています。

ページトップへ戻る