若手職員の声2011

所属課名: ○国際研究推進センター 名前:K・T 性別: 男

  • 1.現在の仕事内容について教えてください。

  • 組織内部における研究成果のアウトリーチ活動に携わる業務を行っております。成果発表会や展示会への出展の企画、自治体への講師派遣、取材対応等が主な業務です。また、国際的な研究及び人材の交流の推進等に係る業務も担当しております。具体的には、海外からの訪問者対応や、研究者の海外派遣、海外招へい者受入の手続きに関する業務等です。

  • 2.仕事のやりがいについて教えてください。

  • 現在所属している部署では非常に多岐にわたる業務を担当しており、ルーティンワークというよりもその都度自分で考えて対応していく業務が多く、試行錯誤の毎日です。また、国際規模での研究事業等について携わる際には責任の重さを感じることもあります。大変ですが、それを乗り越えた時に大きな達成感も得られる職場だと感じています。

  • 4.仕事時間外のエピソードについて教えてください。

  • 職場内のバドミントンクラブに所属しており、週1回汗を流してリフレッシュしています。また、休日は読書や美術館巡り、音楽鑑賞など、ゆっくりと過ごすことが多いです。今所属している部署では英語のスキルが必要不可欠なので、時間に余裕があるときは英語の勉強を行ったりもしています。

  • 6.【2次試験に関して】対策や直前期の思い出、面接当日の体験談、心構え等を教えてください。

  • 事前に志望先について情報収集し、志望動機をしっかり固めておくと余裕をもって面接に臨むことができると思います。私の場合、機関の特色や想定される質問への回答など、とにかくノートに書いておきました。また、志望先で説明会を開催していれば是非足を運んでみてください。実際にその機関で働く環境をイメージしやすくなり、モチベーションも上がると思います。面接当日は笑顔でゆっくり話すことを常に意識していました。緊張するとは思いますが、面接はあくまで「対話」ですので、面接官との会話を楽しむくらいの気持ちで臨んでください。

  • 7.【合格後について】内定から採用までの間、どんなことを心掛けていたか教えてください。

  • 私の場合内定から採用までの期間が非常に短く、新たに何か始めようという間もなく採用という状況だったのですが、合格後に限らず、受験期を通して新書を読む習慣を作ることができたことは良かったと思っています。あえてそれまで関心のなかった分野の本を読むと、新たな知見を得る事ができ、社会への関心の幅が広がるので、お勧めです。

ページトップへ戻る