若手職員の声2015

所属課名: 医歯学系保健学科事務室 名前:M・M 性別: 女

  • Q1.就職先として国立大学法人等職員を選んだ理由を教えてください。

  •  教育・研究が行われる場で働きたいという希望と,地域貢献がしたいという希望,どちらも持っていました。国立大学は,前者はもちろんのこと,後者も,その地域の未来を担う若者を育てる場であること,地域の企業や行政と連携した事業や取り組みも行っていること,地域住民にとって大きな存在感と影響力を持つことなどから,かなえることができると考えました。

  • Q3.国立大学法人等職員として働くことの魅力(やりがい)はなんですか?

  •  いきいきと学び研究する学生や先生方と近いところで仕事ができ,より勉強や研究がしやすいように協力できることが,大学職員の大きな価値のひとつだと思います。向上心や探究心が刺激されますし,新しい学生が入ってきたり,新しい研究プログラムが採択されたりと,停滞の少ない職場ですから,日々新鮮な気持ちでいられます。キャンパスという,大学卒業後は通常縁遠くなってしまいそうな場所に毎日通えることも,魅力に感じます。

  • Q4.仕事を進める上で、心掛けていることはありますか?

  •  自分だけで抱え込まず,現在の状況や今後の進め方について,上司に都度伝えるようにしています。仕事は日々動いていくので,どこかで間違えると間に合わなくなったり,取り返しがつかなくなったりする場合があるので,その時々の確認が欠かせません。あとは,初めて携わる仕事の場合,どんな手順や手続きだったか,自分なりに記録を残すようにしています。その仕事を繰り返し自分が行う際や,引き継ぎの際に困らないようにするためです。

  • Q6.職場の雰囲気を教えてください。

  •  学務の窓口なので,学生や先生方の往来があり,活気があると同時に和やかです。仕事は,個々で分担しているものもありますが,係全体で関わっていくものも多いので,密に共有したり相談したりします。黙々と仕事をする,という状況は少ないです。学内の行事についてや学生の様子について,雑談を交えて話すのはとても楽しく,息抜きにもなっています。

  • Q7.どんなことをして、気分転換をはかっていますか?

  •  働き出してから,映画を見ることと料理をすることが趣味になりました。お弁当を詰めるのが日々の楽しみで,時間があれば平日でも映画を見ています。仕事中は,好きな紅茶を飲んだり,自然の多いキャンパスなので中庭に出たりすることが気分転換になります。そのほか,縦のつながりを大事にしています。同期は大切というのはよく言われますが,それ以上に,先輩との接点は貴重だと感じるので,特に年が近めの先輩と職場以外で話せる場には積極的に参加しています。

  • Q8.今後、伸ばしたいと思う能力や資質は何ですか?

  •  国際交流・留学生担当になったので,英語力を伸ばして,国際課に頼りきりにならずに仕事ができるようになりたいです。また,周りを広く見渡せる余裕を持てればいいなと思っています。自分の仕事さえきちんとやっていればいい,と思わず,周りの人がどんな仕事をしているのか,アンテナを張って把握しておけば,ときに協力できたり,自分がその仕事をやることになったときに素早く適応できます。異動が多い職場なので,幅広い業務に精通していきたいです。

ページトップへ戻る