若手職員の声2012

所属課名: 入試チーム 名前:Y・K 性別: 女

  • Q1.国立大学法人等職員を選んだ決め手はなんですか?

  • 国立大学法人等職員を選んだ一番の決め手は、学生時代に学園祭の実行委員長をしていたのですが、そのときにがんばっている後輩たちの姿を見て、これからもたくさんの若い世代のためになるような仕事がしたいと思ったことです。一度就職支援関係の民間企業へ就職したのですが、やはり民間企業ですと利益を確保しなければならない等の関係もあり、学生へのサービスについて限界を感じ、もっと直接学生のためになるような仕事がしたい、と考え、国立大学法人等職員を選びました。

  • Q2.どんな時にやりがいを感じますか?

  • 私は現在、入試業務を担当しています。入試には様々な準備をしたり、試験当日は遅い時間まで残ったり、と大変ですが、合格発表で合格して喜んでいる学生の姿を見ると、入試の仕事に携わることが出来てよかったと思います。また、他にも直接学生や受験生と接する機会が多いので、自分がやっている仕事は、誰のためにしている仕事なのか、ということが直接わかるので毎日やりがいを感じながら仕事をしています。

  • Q3.仕事を進める上で、心掛けていることはありますか?

  • 仕事を進める上で心がけているのは、効率よく仕事を進めることです。入試の準備は煩雑な作業が多いため、効率化を意識して仕事をしなければいつまでたっても仕事が終わらないこともあります。そのため、定時に仕事を終わらせることを目標にし、1日の仕事の進捗予定をあらかじめ立てた上で仕事にとりかかり、予定に合わせて集中した業務を行い、パソコンのソフトや機能を有効活用したりするなどして、業務の効率化を心掛けています。

  • Q5.今の職場環境で良かったなと思うことはありますか?

  • 今の職場環境でよかったなと思うことは、本に恵まれている点です。構内にある大学図書館が利用でき、蔵書も多岐にわたるため、趣味の本から、仕事を進める上で参考になる本まで、様々な本を読むことができ、とても恵まれた環境であると思います。また、大学内の生協では生協組合員になると本の割引サービスを受けることもできるので、図書館利用と合わせてよく利用しています。

  • Q6.どんなことをして、気分転換をはかっていますか?

  • 気分転換をはかるために、仕事が終わった後や休日には、スポーツクラブで運動をしたり、コンサートに行ったり、と積極的に趣味の時間に費やすようにしています。また、仕事とは離れた、同じ趣味の友人と積極的に会うようにし、職場外の話を多く聞くことで、自分自信の仕事への刺激にもなっています。

  • Q8.これから、国立大学法人等職員を目指す後輩へのメッセージをお願いします。

  • 国立大学法人等職員の仕事は、他の仕事では体験できないようなことが体験できる仕事だと思います。また、直接学生や教授とも接することができ、毎日刺激が多く、やりがいのある仕事だと思います。ただし、自ら積極的に動かなければいけない場面も多い職場だと思うので、受け身の姿勢ではなかなか難しい場面もあるかもしれません。積極的に多くのものを吸収する方に向いている仕事なのではないかと思います。
    皆さんと仕事仲間としてお会いできるのを楽しみにしています。

ページトップへ戻る