若手職員の声2012

所属課名: 企画部企画課 名前:M・I 性別: 女

  • Q1.国立大学法人等職員を選んだ決め手はなんですか?

  • 教職課程を履修したことで教育の場に関わる仕事をしたいと思うようになりました。とはいえ、小学校から大学まで、吹奏楽や合唱など多くの人と関わりながらする活動が好きだったので、教師よりは多くの人と関わりながら仕事ができる学校職員になりたいと思うようになり、私立公立問わず学校職員に応募していました。国立大学法人等職員はその中の一つです。選んだ決め手は、他のどの学校法人よりも社会に関わり、社会に影響を与えることができることです。

  • Q2.どんな時にやりがいを感じますか?

  • 委託研究契約締結の事務手続きや、額の確定検査(研究費をいくら使ったか、適切に使われたかを委託元からチェックされ、いくら研究費がもらえるかを確定する)のための出勤簿と日報の突合、帳簿と伝票の突合等、仕事に慣れてきて役に立てていることが実感できると、やりがいを感じます。また、霞ヶ関の省庁に仕事で出向くことがあると、「今いる組織がこの国の中で重要な役割を担っている」と感じられて、そのようなときにもやりがいを感じます。

  • Q3.仕事を進める上で、心掛けていることはありますか?

  • 分からないことはそのままにしないで、必ず聞いて確認することを心がけています。研究者の方々が文部科学省や独立行政法人科学技術振興機構などからの委託研究費をできるだけ獲得できるようにお手伝いしたり、研究費獲得後の事務手続きを担当したり、ということをしているのが私の所属する外部資金係です。そのため、所内の研究者の方々だけでなく、文部科学省や他の国立大学法人、他の独立行政法人等の方と関わることも多く、自分のミスが組織全体に迷惑をかけかねません。そのため、分からないことは必ず確認するようにしています。

  • Q5.今の職場環境で良かったなと思うことはありますか?

  • 周りの方々がお忙しい中でも優しく仕事を教えてくださったり、助けてくださったりすることです。3月まで学生だったので右も左も分からなかったのですが、分からないことをいちいち聞きに行ってもいやな顔ひとつせずに教えてくださいました。また、年次の近い方々とお昼をご一緒したり飲みに行ったりすることもたまにあります。互いに質問しやすい雰囲気があること、新しく入ってきた人が職場に慣れられるようにと皆さんが気遣ってくださっていることを感じると、今の職場環境でよかったと思います。

  • Q6.どんなことをして、気分転換をはかっていますか?

  • 仕事中は軽くストレッチをしたり、先輩方とおしゃべりをしながらお昼ご飯を食べたりすることで気分転換をはかっています。休みの日は友達と遊んだり旅行に行ったり、家族とのんびりと過ごしたりしています。また、2週間に1度ほど大学のOBOG合唱団の練習に参加することもあります。仕事中に疲れを感じたら軽い息抜きをすることを、仕事以外の場ではできるだけのびのびと過ごすことを心がけています。また、仕事とそれ以外の場のメリハリをつけることを意識しています。

  • Q8.これから、国立大学法人等職員を目指す後輩へのメッセージをお願いします。

  • 私は第一次試験に合格できると思っていなかったので、各機関への志望動機を固めきれないまま面接を迎えてしまい、10月まで全く内定が(官民問わず)ありませんでした。官民問わず、自分がなぜそこで働きたいのか、についてしっかり考えを固めることが大切です。なぜなら公務員も民間も、採否を決めるのは面接だからです。志望動機を固めることで、面接でも自分の言葉で志望動機を語ることができるし、就職した後も、自分がなぜそこで働きたいと考えたかを覚えていれば、苦しいときも少しがんばれるような気がします。就職活動は大変だと思いますが、あきらめなければ必ず道は開けます。思いがけないところに導かれることもありますが、それでも道は開けます。がんばってください。大事なのはその後です。

ページトップへ戻る