若手職員の声2015

所属課名: 企画部企画課 名前:K・S 性別: 男

  • Q1.就職先として国立大学法人等職員を選んだ理由を教えてください。

  •  公的機関は、どのような業務を行っているのだろうという疑問を持ったことが、この職業を選んだきっかけだと思います。自分で調べて行く中において、公的機関は日本にとって重要な分野の屋台骨を担っていることを知り、自分も貢献したいと思い希望しました。試験を受ける前の説明会でも、法人全体について細やかに説明してもらい、非常に興味深い研究活動を行っていると思えた点も理由の1つです。

  • Q2.実際に働いてみて驚いたこと(採用前とのギャップ)はありますか?

  •  私のイメージでは、新人は厳しい指導を受けるものだと思っていたのですが、採用されてすぐに新人用の研修プログラムを受講させてもらい、業務についても丁寧な指導があったので、自分が考えていたよりもスムーズに職場に慣れることができました。また、部門毎に係がたくさんあることに驚かされ、それだけ1つ1つの係に専門性が求められていることがわかり、身が引き締まりました。

  • Q3.国立大学法人等職員として働くことの魅力(やりがい)はなんですか?

  •  私の所属する法人で働く魅力は、同じ職場にいる様々な経歴や職種の方々と関わり合いをもつことができる点にあると思います。主として研究業務を行っているのですが、その分野は多岐にわたっているため、様々な分野を専門とする研究者の方がいらっしゃり、折に触れて研究の最先端の話等を聞くことができます。日本で唯一この職場でしか得ることができない特権です。

  • Q4.仕事を進める上で、心掛けていることはありますか?

  •  月並みな回答となってしまいますが、日々意識をしているのは「ホウ・レン・ソウ」をしっかりと遵守することです。まだまだ半人前であるため、誤った判断や間違った理解をしている場合が往々にしてあり得ます。そんなときに、自分1人だけしかその事実を知らない場合は、大きな失敗に繋がります。上司や先輩に早い段階から報告を行い、進捗状況を連絡し、分からなければ悩まずすぐに相談することを徹底しています。

  • Q5.担当した業務の中で大変だったこと、また、それをどう乗り切りましたか?

  •  繁忙期になると中央省庁からの依頼が多くなり、提出までの期限が短い案件が多く発生するため、1日に何十通のメールを送受信するような時期がありました。そんな時は、上司からの指示のもとで役割を分担し、所属する部署だけではなく法人全体で一丸となって対応することで、無事に業務を終えることができました。助け合うという言葉の本当の意味を実感できたような気がします。

  • Q6.職場の雰囲気を教えてください。

  •  雰囲気はとても和やかで、業務に集中しやすいです。人事異動についても法人内での異動が多いことから、とてもアットホームな環境となっており、まだ就職して1年が経過したばかりですが、もう何年も前からそこにいるような感覚になります。同じ部署の上司や先輩職員だけではなく、他の部署の職員の方も気にかけてくれて、非常に恵まれた環境で働かせてもらっていることをいつも実感しています。

  • Q7.どんなことをして、気分転換をはかっていますか?

  •  水泳が趣味なので、休日は近隣の室内プールで泳ぎ、ついでにウエイトトレーニングを行うなど体を動かすことで心身をリフレッシュしています。また、週に1度発売される漫画雑誌を読むことも楽しみの1つです。職場ではデスクワークが中心なので、普段では思い出すことができない燃えさかる情熱と熱き血潮を体感することができ、翌週の仕事への活力にしています。

  • Q8.今後、伸ばしたいと思う能力や資質は何ですか?

  •  幅広い業務に従事することが可能な人材になることが自身の目標であるため、まずは業務を実施する上での基本となる法律等を正しく理解する力を伸ばしていきたいと思います。法人内の規程でさえも、全ての内容を正しく掌握できているわけではないので、法人内のルールを正しく読解する能力を養成することから始め、ゆくゆくは法律を読み解けるようになりたいと思います。

ページトップへ戻る