若手職員の声2011

所属課名: 企画総務部総務課 名前:K・Y 性別: 男

  • 1.現在の仕事内容について教えてください。

  • 連絡調整・会議の準備・式典の運営などを担当しています。このうち連絡調整業務と会議の準備は日常的に行うものであり、これが私の主な業務です。その中で、例えば春と秋には卒業式や入学式といった式典の運営をしたり、年度初めには各組織の情報を更新したりと、季節的な業務が入ってくる、といった感じです。

  • 2.仕事のやりがいについて教えてください。

  • 前期の卒業式・入学式の運営は、とてもやりがいのある仕事でした。
    卒業式等は出席される方にとって一生の思い出となるものですから、失敗が許されない、とても責任の重い仕事です。関係資料の作成から当日の運営まで携わっていたためとても苦労しましたが、だからこそ、無事やり遂げた時の達成感は一入でした。

  • 3.職場の雰囲気について教えてください。

  • 一言でいえば、とても和やかです。一人一人が周りに気を配り、お互いに支えあっている、といったイメージでしょうか。
    これは「上司だから」とか「先輩だから」とかではなく、一人の人として、自然に気遣える人が多いからなのかな、と思っています。先輩方のさりげない心配りに、まだまだ学ぶことばかりの日々です。

  • 4.仕事時間外のエピソードについて教えてください。

  • 私は高校時代からテニスをしていたので、職場で同じくテニスをしている方々と業務終了後にテニスをしに行ったり、たまに合宿を行ったりしています。
    私のような一般職員から部長さんまで幅広い人が参加していますが、皆さん気さくな方ばかりで、新人にも関わらず伸び伸びとご一緒させていただいてます。

  • 5.【1次試験に関して】対策や直前期の思い出、試験当日の体験談、心構え等を教えてください。

  • 他の公務員試験も併願していたので、教養科目だけでなく専門科目まで勉強していました。そのため、教養科目の細かいところまでは出来ず、正直なところ1次試験合格は厳しいと考えていました。
    しかし、いざ試験を受けてみると、多少変化球な出題はあったものの、問われる内容自体は基礎的な問題が多かったため、応用まで手を出さなかったことがむしろ幸いし、辛くも1次試験に合格することが出来ました。
    以上のことから、1次試験に関しては無理に応用まで手を出さず、基礎的な範囲をしっかりと押さえることが肝要だと思います。

  • 6.【2次試験に関して】対策や直前期の思い出、面接当日の体験談、心構え等を教えてください。

  • 国立大学法人等の合同説明会や大学個別の説明会と、他の試験や面接が重なってしまい、一度も説明会の場に参加することが出来ませんでした。日程的にもかなり逼迫していたため、無理に複数面接を受けるのは諦め、少々リスキーではありましたが第一志望の大学一本に絞りました。
    面接では他の試験を受けていたことも、説明会に一度も出ていないことも正直に話し、その上で第一志望であることをしっかりと伝えました。
    インターネットや口コミでは、「正直者は馬鹿を見る」といった風評が多い気がしますが、実際の職員の方や採用試験に詳しい方の話に耳を傾け、情報の取捨選択を誤らないようにしてください。特に就職活動中は不安になりがちですから、周りを飛び交う情報に惑わされず、自分自身をしっかりと持ち、内定ゲットを目指してひたむきに頑張ってください。努力は必ず実を結びます。

  • 8.後輩へのメッセージをお願いします。

  • 国立大学というのは、色々な職員が、色々な仕事を、色々な方と関わりながら、日々業務を行なっています。また、大学というのは社会の変化に伴って敏感に変わり続ける組織です。そのような中で日々業務を行うことは、とても刺激に満ちており、国立大学職員として働く上での一番の魅力だと思います。若い力が溢れるキャンパスで、皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています。頑張ってください。

ページトップへ戻る