若手職員の声2012

所属課名: 企画グループ 名前:R・Y 性別: 男

  • Q1.国立大学法人等職員を選んだ決め手はなんですか?

  • 筆記試験の合格発表後に参加した合同説明会の様子を見て決めました。もともと、アカデミックな世界に興味を持っていて試験を受けたのですが、他の公務員系の試験も受験中であり、正直滑り止めの様な感覚でした。しかし、合同説明会での職員の方々の活気ある熱心な様子を見て、職場の和気藹々とした雰囲気や職員同士の関係の良さを感じることができましたので、この仕事を選びました。

  • Q2.どんな時にやりがいを感じますか?

  • 現在の職場は研修の機会が多くあり、また、先輩・上司から丁寧に指導していただける環境です。そうやって学んだことを実際の仕事の中で生かすことができた時にやりがいを感じます。小さな事ですが、日々成長を感じることができ、次の仕事への意欲につながっています。また、人事業務を担当しているのですが、相談者個人に深く関わる案件もあり、知識を生かして解決できた時は、相手からの反応が直接返ってくるため、達成感を得ました。

  • Q3.仕事を進める上で、心掛けていることはありますか?

  • 一つは周りとの連絡を密にすることです。基本的なことですが、チームにて業務を行っていくには重要なことだと思います。また、チーム内だけでなく、他のチームとも積極的に情報交換をすることで、事務部全体で業務に当たることができるよう努めています。もう一つは、ルーティンの業務であっても自分なりの工夫を常に考えて取り組むことです。係員であっても自分の考えたことを具体化しやすい職場ですので、常に改善点等を考えながら仕事を進めています。

  • Q4.担当した業務の中で大変だったこと、また、それをどう乗り切りましたか?

  • 私は現在、人事業務を担当していますが、年度末は人の入れ替わりが激しいので毎年忙しいです。異動自体の処理に加え、社会保険等の異動に付随する業務もあるため、一年で一番忙しい時期になります。この時期が忙しいのは事前にわかっているので、準備をきちんと行う事で、乗り切っています。また、オン・オフの切替えを意識的に行い、一定の時間まで業務を行ったら、だらだらと残業はせず速やかに帰宅し休養を取ることで、忙しい時期を乗り切っています。

  • Q5.今の職場環境で良かったなと思うことはありますか?

  • 今の職場環境で良かったなと感じていることは、自分のペースで仕事がしやすいことです。仕事量を把握しやすいので、調整により、それぞれの職員が、家庭や趣味とのバランスをうまく取って仕事をすることができる職場環境だと思います。また、同僚・上司からのサポートも受けやすく、休暇等が取りやすいのは魅力だと思います。急に休暇を取る必要が有るときや、長期の休暇を取るとき周りの支援を受けやすいのは本当に助かります。

  • Q8.これから、国立大学法人等職員を目指す後輩へのメッセージをお願いします。

  • 一口に国立大学法人等といってもさまざまな組織があります。志望者の多くが学生の時に抱いているイメージで志望先を判断されていますが、働く場としてそれぞれの組織を見直してみると新しい一面が発見できると思います。国立大学法人等職員の職場環境というのは、なかなかホームページ等ではわからない部分が大きいと思います。そのため、説明会等、職員と話をする機会が何度もありますので、ぜひ参加してもらえればと思います。

ページトップへ戻る