若手職員の声2012

所属課名: 事業部事業第一課 名前:M・S 性別: 女

  • Q2.どんな時にやりがいを感じますか?

  • 現在の私の主な業務のひとつは電話対応です。電話の内容は試験に関する質問が大半で,質問に適切な答えを返せたときや,電話口から「ありがとう」の言葉が聞けたときは嬉しいです。たまに苦情やお叱りの電話が来ることもありますが,相手の言いたいことを理解しつつ,こちらの考えもお伝えすることで,最終的に納得していただくことができたときは,本当に良かったと心から思います。

  • Q3.仕事を進める上で、心掛けていることはありますか?

  • 私が仕事を進める上で心掛けていることは,相手としっかり意思疎通をはかることです。ごく当たり前のことですが,相手が意図していることと自分が受け取った内容に食い違いがあると,些細なことでも大きなミスにつながる原因となります。ですので,何か少しでも疑問がある場合は,必ず上司や同僚に確認・相談をしてから行動するようにしています。また,話しやすい雰囲気を作るため,日ごろから笑顔での受け答えをするよう努めています。

  • Q5.今の職場環境で良かったなと思うことはありますか?

  • 他の組織に比べ職員の数が少ないので,職員同士の交流が密であると感じます。人事交流で来ている方の割合が高いこともあり,様々な職場の業務内容を知ることもできます。仕事の進め方という点でも大変勉強になりますし,今後自分が他機関に出向する機会があれば,どこでどのような仕事をしたいかということを考える大きなヒントにもなっています。

  • Q6.どんなことをして、気分転換をはかっていますか?

  • 小説や漫画を読んだりゲームをするなど,家で過ごして英気を養います。物語の世界に夢中になることで,おのずとスイッチが切り替わります。あとは美味しいものをよく食べ,よく眠ることです。寝て起きると,嬉しいことはまた新たに喜びを感じますし,嫌なことは「まあいいか」という気分になります。それでもだめなときは,信頼できる人に話を聞いてもらい,溜め込みすぎないように気を付けています。

  • Q7.あなたのこだわり(例えば、好きな場所、お店、本、音楽、愛用しているグッズなど)について、エピソードを交えて教えてください。

  • 私は緑色が好きなので,カーテンやベッドや収納ボックス等,部屋の備品を明るめの緑でコーディネートしています。一人暮らしを始めるときに,色にこだわって品物を選びました。さらに緑のカエルのぬいぐるみを置いたりと,好きなもので部屋を埋め尽くすことで,目にも心にも優しい空間にしています。日々の仕事を頑張れるよう,家で過ごす時間を癒やしのときとして重視した結果,このようになりました。

  • Q8.これから、国立大学法人等職員を目指す後輩へのメッセージをお願いします。

  • 一次試験の筆記対策の勉強は大変だと思いますが,合格すれば将来の選択肢がぐっと広がります。ひとくちに国立大学法人等職員と言っても,業務分野は多岐にわたりますので,自分の経験が活かせる場面がきっとあります。好きなことや得意なことなど,自分を見つめ直すことで,これまでとこれからを考えることに大きな意味があります。ぜひ積極的に情報収集をして自分の関心のある職場を見つけてください。

ページトップへ戻る